読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魂の心理学

あなたの魂の素晴らしい働きをご紹介していきます。日常に役立つ知識=フォースです。

◆『発想がかわらなければなにもかわらない…アカシックレコードを役立てる…』

『発想…考え方が変わらなければ何も変わらない。それでエネルギーや思いがきまる。…でも感じ方が変わらないと考え方は絶対にかわらない。感じ方が考え方の実体。…ではもし感じ方をもっと確かなもの平和なものしあわせなものに変えたければその原因である行為を変える必要がある。…より新鮮で創造的な行為に導くのはあたらしい視野(認識)である。あらたな認識があらたな行為の動機になる。

眼に見えるもの見えないものすべてにおいて…結局のところ人間がつくったものには調和の力がなく、元々それ以外のものすべてに調和の力が無限に偏在しています。そう考えてみることが必要です。そうすれば豊かな自然と宇宙の生命があなたの中で働き始めます。(ACIMより)

僕らの今の時代を生きる集合無意識には、元々ある調和の力が不足しています。…特にエゴ又は力の論理の蓄積が自然を、宇宙を遠ざけてしまいます。さまざまな「力の誘惑」が「バランス」という自然の叡智と感性を鈍らせます。「バランス」の欠如は「内なる真実の声(魂)」をおおい隠します。…イメージと感覚、言葉、美意識をよりどころにするしかなくなり、依存と支配の狭間でアイデンティティを貪るしかなくなります。みんなの求める自由を体現するヒーローを危うく演じるか?何もせずに強い人についていく無害で従順ないい人をちょっと白けながら演じきるのか⁉︎。…もう自然の豊かな生命は感じれなくなります。宇宙のイキイキとした輝きが心に届かなくなります。

あのシュタイナーの名著「アカーシャ年代記(アカシックレコード)」によると、このサイクルは今の文明以前のアトランティスの時代に増幅した不調和であると。元々の神でなく人間が神というシステムをつくたとも。…それは神話的な喩えとしても、だから戦争という名で人殺しを正義だと思わせてしまうのです。…元々の自然、宇宙、神を生命として感じられるもっと素朴な感性、叡智を潜在意識、集合無意識に私たちひとりひとりからとりもどすことが時代、世界の未来を実際に軌道修正するものと信じたいと思います。』

photo source: vurtual.tumblr.com
魂の心理学 https://m.facebook.com/profile.php?id=532356846865232
浅田誠一京都ホームグラウンド http://www.eonet.ne.jp/~angelgarden/

f:id:asadaseiichi1213:20150312082914j:plain