読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

魂の心理学

あなたの魂の素晴らしい働きをご紹介していきます。日常に役立つ知識=フォースです。

◆魂のはたらき…こころとからだを和合させる力

f:id:asadaseiichi1213:20160916150951j:plain

魂の定義についてはいろいろな立場でちがった考えもあるようで、魂があると考える方もいらっしゃるし、そんなものはないと考える方もいらっしゃいます。ここではみなさんご自身の魂の素晴らしいはたらきを是非知っていただきたくて魂は存在するという立場でこのコラムを書かせていただいています。魂のはたらきは本当に素晴らしいのです。

ここにからだがあります。そしてこころがあります。これはどなたも実感できることです。そしてもし今こころの中に純粋な思いや希望やひかりを感じられるなら、それを魂と呼ぶことができると思います。 また逆にこころの中に今、希望やひかりが感じられないなら魂のはたらきが心身の葛藤迷いによってみえなくなっているのです。魂のはたらきが隠れると孤独であらゆるつながりが切れているように感じられてしまいます。

魂…それはこころとからだがひとつになる時、こころの中に見つかるひかり。そしてこのひかりが実は転生するあなたの実体でもあるのです。時空を超えて永遠に存在する最も純粋なあなたです。

もしあなたが今希望を感じるならそれは魂の実感です。その時こころは思慮深さとバランスを保つことができます。そしてものごとの本質や出来事の核心も描き出せるはずです。

さらにこの三次元の矛盾の中にあなたの真実を描き出すこともできます。矛盾があっても自分自身の真実を見つけることができる。なんと自由で素晴らしいことでしょう!この時こころのマイナスのはたらき、こころのとらわれ、執着はおこりません。

魂があなたの感覚の中でより優位にはたらく時、からだはリラックスしこころはやすらぎます。からだとこころの対立がおきないからです。

これらは全てあなたの魂のはたらきでありますが、それは本当のあなたの現れともいえるものでもあるのです。一般の心理学では魂という言葉は使わずに魂のはたらきを「intention(意図)」といったり、禅から影響を受けた心理学の流派では、「真の自己」とよんだりしています。

ここでは、魂という言葉をあえて使わせていただき、「魂の心理学」としてその様々な働きを実体験にもとづいてご紹介させていただきます。全てクラスや実際の個人セッションで実際に役立った感じ方、考え方、知識や工夫ですが、あくまでもご提案です。ムリのないように役立つ範囲でお役立てくださればと思います。

魂の心理学FBページ https://m.facebook.com/profile.php?id=532356846865232
魂の心理学ブログ http://asadaseiichi1213.hatenablog.com/
京都ホームグラウンドHP http://www.eonet.ne.jp/~angelgarden/